来訪時のルール・アクセス
色合い白 黒 青
文字サイズ標準

価値から知る

比較

キャラクター 長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタン関連遺産」と成立背景・性質が類似する国内外の文化遺産について、個別テーマを設定して比較を行った結果、以下の5点が明らかとなりました。

同種の世界遺産(特に宗教弾圧と直接関連するもの)との比較

宗教弾圧と直接関連する世界遺産との比較では、本資産に類似する資産は存在しない。

アジア諸国のキリスト教受容の歴史に関する比較

アジア諸国のキリスト教受容の歴史の比較においても、2世紀を越える日本の禁教の事例が最も長く厳しいものであり、宣教師不在の中で何世代にもわたって密かに信仰を継続したのは日本のみである。

17世紀後半から19世紀前半の日本国内の潜伏キリシタン関連遺産との比較

日本国内のキリスト教関連の類似遺産との比較では、国内の潜伏集落は18世紀にかけて崩壊し、その分布は長崎ながさき天草あまくさ地方に限られていった。

長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタン集落との比較

長崎ながさき天草あまくさ地方の214の潜伏キリシタン集落における比較では、顕著な普遍的価値への貢献の程度及び保護措置の確実さの観点から、推薦資産に含めた集落が代表的な事例である。

移行期に長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタンの各集落に建造されたカトリック教会堂に関する比較

かつての潜伏キリシタン集落に建造された73棟の教会堂における比較では、顕著な普遍的価値への貢献の程度、真実性及び保護措置の確実さの観点から、江上えがみ集落に所在する江上えがみ天主堂が代表的な事例である。