来訪時のルール・アクセス
色合い白 黒 青
文字サイズ標準

価値から知る

世界遺産に登録されるまでの道のり

キャラクター 長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、2018年の世界文化遺産登録を目指しています。2018年6月下旬から7月上旬まで開催される予定のネスコ世界遺産委員会で審査されます。

世界遺産に登録されるまでの道のり

平成19年1月 長崎ながさきの教会群とキリスト教関連遺産」がユネスコの世界遺産暫定一覧表に登録された。
平成24年6月 構成資産を、長崎ながさき県の12資産と熊本県の1資産、計13資産とすることを決定。同日、推進書原案を文化庁に提出した。
平成24年7月 長崎ながさきの教会群」も世界遺産登録推進候補として国の文化審議会で審査されたが、文化遺産として各国が推薦できるのが毎年1件になるなど、国際ルールが変更されたことから、今回は推薦されなかった。
平成25年1月 文化審議会の指摘事項に全て対応し、推薦書案を再提出した。
平成25年8月 文化審議会で「長崎ながさきの教会群」が、また内閣官房の有識者会議において「明治日本の産業革命遺産九州・山口と関連地域」が推薦候補としてそれぞれ選定された。
平成25年9月 政府の調整により平成25年度の推薦候補が「明治日本の産業革命遺産」に決定された。
平成26年7月 文化審議会で「長崎ながさきの教会群」が推薦候補として選定された。
平成26年9月 国において「長崎ながさきの教会群」の推薦書暫定版がユネスコへ提出された。
平成27年1月 国において「長崎ながさきの教会群」の推薦が正式に決定し、推薦書がユネスコへ提出された。
平成27年9月~10月 ユネスコの諮問機関であるイコモスによる現地調査が行われた。
平成28年1月 イコモスからの中間報告において「禁教期に焦点をあてるべき」との意見が出される。
平成28年2月 推薦書を取り下げ、イコモスのアドバイスを基に推薦書の見直し作業に着手した。
平成28年7月 文化審議会で「長崎ながさきの教会群」の推薦候補として選定された。
平成28年9月 推薦書のOUVを端的に表わすため、タイトルを「長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタン関連遺産」へ変更し、国からユネスコへ推薦書暫定版が提出された。
平成29年1月 国において「潜伏キリシタン遺産」の推薦が正式に決定し、推薦書がユネスコへ提出された。
平成29年9月 イコモスによる現地調査が行われた。
平成30年夏ごろ ユネスコ世界遺産委員会で審査される予定である。