来訪時のルール・アクセス
色合い白 黒 青
文字サイズ標準

構成資産から知る

<ruby>黒島<rt>くろしま</rt></ruby>の集落黒島くろしまの集落

(Ⅲ) 潜伏キリシタンが共同体を維持するための試み


ゆうこさん 平戸ひらど藩の牧場跡まきばあとの再開発地に開拓移住することによって共同体を維持した集落です。

 「黒島くろしまの集落」は、潜伏キリシタンが信仰の共同体を維持するに当たり、どのような場所を移住先として選んだのかを示す4つの集落のうちの一つである。
 19世紀、長崎地方各地の潜伏キリシタンの一部は、黒島の牧場跡まきばあとの再開発のために移住が奨励されていることを知り、既存の集落と共存できそうな場所として選んで移住し、表向きは所属していた仏教寺院でマリア観音に祈りをささげながら、ひそかに共同体を維持した。
 解禁後はカトリックに復帰し、島の中心部に教会堂を建てたことにより、彼らの「潜伏」は終わりを迎えた。

 黒島くろしまは、九州北西部の佐世保市させぼしの西方海上に浮かぶ周囲約12kmの小島である。外海そとめ地域から移住した潜伏キリシタンが再開拓して畑地とした牧場まきば跡、表向きは所属しながらひそかにマリア観音を安置し礼拝した仏教寺院、潜伏キリシタンの指導者の屋敷跡、潜伏キリシタンの墓地、絵踏えふみが行われた役所跡、解禁後に建てられた教会堂跡からなる。
 黒島くろしまでは、16世紀後半に来日した宣教師の活動の記録が存在しないことから直接的なキリスト教の伝来はなかったものとみられている。
 17世紀になると黒島くろしまには平戸ひらど藩の牧場まきばが設置されたが、19世紀初頭には廃止された。その後、牧場まきば跡の再開発を考えた平戸ひらど藩が開拓民の誘致政策を進めたため、それに応じて外海そとめ地域などから黒島くろしまへと移住した開拓民が19世紀中頃にかけて新たに7つの集落を島内に形成した。開拓民の中には外海そとめ地域などを出身地とする多くの潜伏キリシタンが含まれており、新しく形成された7つの集落のうち日数ひかず根谷ねたに名切なきり田代たしろわらべ東堂平とうどうびらの6集落は潜伏キリシタンの集落であった。
 黒島くろしまに移住した潜伏キリシタンは、移住により島内人口が増加したのにともない、19世紀初頭に造営された本村ほんむら集落の興禅寺に所属し、表向きは仏教徒として振る舞った。黒島くろしまでは毎年、本村ほんむら集落の本村ほんむら役所(黒島くろしまを管轄する平戸ひらど藩の出先の役所とされていた庄屋しょうや屋敷)において潜伏キリシタンを取り締まるための「絵踏えふみ」が行われ、潜伏キリシタンはキリストまたは聖母マリアの像を踏むことを余儀なくされた。
 興禅寺こうぜんじの本堂には、観音菩薩立像かんのんぼさつりつぞうを聖母マリア像に見立てた「マリア観音」をひそかに安置し、寺院に参拝することを装いながら実際にはマリア観音に祈りをささげていた。黒島くろしまの潜伏キリシタンが表向きは仏教徒を装いながら指導者を中心として組織的に自分たちの信仰を続けたことは、一見すると仏教徒のもののように見えるが、実は墓石の向きや埋葬の方法が仏式とは異なる独特の葬送儀礼を行っていた墓地を形成したことからもわかる。
 1865年に大浦天主堂おおうらてんしゅどうで宣教師と潜伏キリシタンが出会った「信徒発見しんとはっけん」をきっかけに、各地の潜伏キリシタンの指導者がひそかに大浦天主堂おおうらてんしゅどうの宣教師と接触を開始した。黒島くろしまの潜伏キリシタンの指導者もひそかに接触し、自分たちの信仰を告白した。しかし、禁教下の黒島くろしまで行われてきた洗礼の方法が無効であると宣教師から告げられたことから改めて教理の指導を受けることとなり、解禁直前の1872年に黒島くろしまの潜伏キリシタンはすべて16世紀に伝わったキリスト教であるカトリックへと復帰した。
 復帰当初は、かつての指導者の家など島内の2ヶ所を「仮の聖堂かりのせいどう」とした。そのうちの1ヶ所が日数ひかず集落において代々「水方みずかた」を務めた出口家でぐちけの屋敷であった。やがて新たな教会堂建設の機運が高まり、1879年に各集落から利便の良い島の中央部に初代の黒島くろしま天主堂が建てられた。それは、「黒島くろしまの集落」における「潜伏」が終わりを迎えたことを象徴している。1902年に新築された現在の黒島くろしま天主堂では、今なお往時の絵踏えふみ贖罪しょくざいする祈りが毎週ささげられており、禁教期の記憶が今日に伝えられている。

01_黒島の集落
01_黒島の集落
01_黒島の集落
02_本村集落
02_本村集落
02_本村集落
03_根谷集落
03_根谷集落
03_根谷集落
04_蕨集落
04_蕨集落
04_蕨集落
05_本村役所跡
05_本村役所跡
05_本村役所跡
06_興禅寺_池田勉撮影
06_興禅寺_池田勉撮影
06_興禅寺_池田勉撮影
07_興禅寺の梵鐘 (潜伏キリシタンの名前が刻まれている)
07_興禅寺の梵鐘 (潜伏キリシタンの名前が刻まれている)
07_興禅寺の梵鐘 (潜伏キリシタンの名前が刻まれている)
08_興禅寺のマリア観音(現存しない)
08_興禅寺のマリア観音(現存しない)
08_興禅寺のマリア観音(現存しない)
09_仕切牧墓地
09_仕切牧墓地
09_仕切牧墓地
10_出口家の屋敷跡_池田勉撮影
10_出口家の屋敷跡_池田勉撮影
10_出口家の屋敷跡_池田勉撮影
11_初代黒島教会堂跡(現在の黒島天主堂)
11_初代黒島教会堂跡(現在の黒島天主堂)
11_初代黒島教会堂跡(現在の黒島天主堂)

基本情報

地図
文化財の名称所在地文化財の指定文化財の指定年
佐世保市黒島くろしまの文化的景観長崎ながさき県佐世保市国選定重要文化的景観2011年

もっと魅力を知りたい場合はこちら

黒島くろしま天主堂

1902年、2年の歳月をかけて完成した黒島くろしま天主堂。その建設に携わった大工のなかに五島ごとう出身の青年がいた。彼はもともと仏教徒だったが、教会堂建設を通して祈りの世界に引き込まれ、やがて黒島くろしま一といわれた美しい女性と結ばれたという。

おらしょーこころ旅サイトでコラムを読む
> 黒島くろしま天主堂(おらしょーこころ旅サイト)
※別ウィンドウで開きます。

01_40万個の煉瓦の話

40万個の煉瓦の話

黒島天主堂の建設に使われた煉瓦は40万個といわれている。信徒たちが島で焼いた煉瓦も一部使用されている。
コラム全文を読む(おらしょーこころ旅サイト)

01_40万個の煉瓦の話
02_世界にひとつの説教壇

世界にひとつの説教壇

日本に数少ない説教壇。黒島天主堂に残る説教壇には、マルマン神父手彫りの装飾が施されている。
コラム全文を読む(おらしょーこころ旅サイト)

02_世界にひとつの説教壇
03_天主堂建設の影で咲いたロマンス

天主堂建設の影で咲いたロマンス

2年の歳月をかけて完成した大規模な黒島教会堂。その建設に携わった大工の中に五島出身の船大工の青年がいた。
コラム全文を読む(おらしょーこころ旅サイト)

03_天主堂建設の影で咲いたロマンス
04_想いがしみこんだ手描きの天井

想いがしみこんだ手描きの天井

黒島天主堂の特徴でもある美しい木目のリブ・ヴォールト天井。実はその木目は人の手で描かれたものだった。
コラム全文を読む(おらしょーこころ旅サイト)

04_想いがしみこんだ手描きの天井
05_祈りの島の風景に出会う

祈りの島の風景に出会う

黒島では、「信仰深い」を「しんこか」と言う。信徒は皆、マリア様の御絵やロザリオ、十字架などをお守りにしている。
コラム全文を読む(おらしょーこころ旅サイト)

05_祈りの島の風景に出会う

訪れたい場合はこちら

交通アクセス

黒島くろしまの集落長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター)

※別ウィンドウで開きます。(「アクセス参考図」をご覧ください)

モデルコース

長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタン関連遺産(ながさき旅ネット)

※別ウィンドウで開きます。

UNESCO