来訪時のルール・アクセス
色合い白 黒 青
文字サイズ標準

地図から知る

キャラクター 長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、大航海時代のアジアにおいて、キリスト教宣教地の東端にあたる日本列島の中で、最も集中的に宣教が行われた長崎ながさき天草あまくさ地方の半島部及び島嶼部に点在しています。

  1. 1原城跡はらじょうあと

    キリシタンが「潜伏」し、独自に信仰を続ける方法を模索することを余儀なくされたきっかけとなる「島原しまばら天草あまくさ一揆いっき」の主戦場跡。

  2. 03_春日集落_池田勉撮影

    2平戸ひらどの聖地と集落(春日かすが集落と安満岳やすまんだけ

    キリスト教が伝わる以前から信仰された山やキリシタンが殉教じゅんきょうした島を拝むことによって信仰を実践した集落。

  3. 09_中江ノ島_日暮雄一撮影

    3平戸ひらどの聖地と集落(中江ノ島なかえのしま

    キリスト教が伝わる以前から信仰された山やキリシタンが殉教じゅんきょうした島を拝むことによって信仰を実践した集落。


  4. 4天草あまくさ﨑津さきつ集落

    身近なものを信心具しんじんぐとして代用することによって信仰を実践した集落。

  5. 01_外海の出津集落

    5外海そとめ出津しつ集落

    キリスト教由来の聖画像をひそかに拝むことによって信仰を実践した集落。

  6. 01_外海の大野集落

    6外海そとめ大野おおの集落

    神社にひそかにまつった自らの信仰対象を拝むことによって信仰を実践した集落。

  7. 01_黒島の集落

    7黒島くろしまの集落

    平戸ひらど藩の牧場跡まきばあとの再開発地に開拓移住することによって共同体を維持した集落。

  8. 01_野崎島の集落跡

    8野崎島のざきじまの集落跡

    神道の聖地であった島に開拓移住することによって共同体を維持した集落。

  9. 01_頭ヶ島の集落

    9頭ヶ島かしらがしまの集落

    病人の療養地として使われていた島に開拓移住することによって共同体を維持した集落。

  10. 01_久賀島の集落

    10久賀島ひさかじまの集落

    五島藩ごとうはんの政策に従って島の未開発地に開拓移住することによって共同体を維持した集落。

  11. 01_奈留島の江上集落

    11奈留島なるしま江上えがみ集落(江上えがみ天主堂とその周辺)

    禁教期に移住によって集落が形成され、解禁後に「潜伏」が終わったことを可視的に示す教会堂。


  12. 12大浦天主堂おおうらてんしゅどう

    宣教師との接触という、「潜伏」が終わるきっかけとなる「信徒発見しんとはっけん」の場所。