来訪時のルール・アクセス
色合い白 黒 青
文字サイズ標準

構成資産から知る

<ruby>奈留島<rt>なるしま</rt></ruby>の<ruby>江上<rt>えがみ</rt></ruby>集落(<ruby>江上<rt>えがみ</rt></ruby>天主堂とその周辺)奈留島なるしま江上えがみ集落(江上えがみ天主堂とその周辺)

(Ⅳ) 宣教師との接触による転機と「潜伏」の終わり


ゆうこさん 禁教期に移住によって集落が形成され、解禁後に「潜伏」が終わったことを可視的に示す教会堂です。

 「奈留島なるしま江上えがみ集落(江上天主堂えがみてんしゅどうとその周辺しゅうへん)」は、「潜伏」の終焉を可視的に示す構成資産である。
 19世紀、外海そとめ地域から各地へ広がった潜伏キリシタンの一部は、奈留島の人里離れた海に近い谷間に移住し、自分たちの信仰をひそかに続け、解禁後はカトリックに復帰して地勢に適応した江上天主堂を建てた。
 江上天主堂は、禁教期の集落との連続性を高く示し、風土に溶け込むように立地するとともに、在来の技術が用いられた教会堂の代表例である。

 奈留島なるしま五島ごとう列島の中部に位置する島で、複雑な海岸線と急斜面の山腹により形成されている。江上えがみ集落は奈留島なるしまの北西部の西海岸にわずかに開けた迫地形さこちけいに立地し、江上えがみ天主堂は迫地形さこちけいの南斜面に平坦地を造成して建てられた。
 17世紀初頭には奈留島なるしまにキリシタンがいたことを示す記録が残っていることから、16世紀後半から17世紀初頭の時期にキリスト教が伝わった可能性が高い。 
 1614年、全国に禁教令が出された後は、五島ごとう藩内の潜伏キリシタンにも弾圧が加えられ、18世紀頃には五島ごとう列島から姿を消したと考えられている。
 外海そとめ地域から奈留島なるしまへの潜伏キリシタンの移住は、18世紀末から19世紀にかけて段階的に行われた。まず、無人島であった葛島かずらじまに入り、その後に奈留島なるしま内の永這ながはえ椿原つばきはら南越なんこしなどの地区へと移住した。江上えがみには外海地域から4戸が入植したとされている。これらの移住先の多くは既存の仏教徒の集落から隔絶した小規模な沖積地に位置し、移住者は平地を稲作地として開墾するとともに、斜面地をわずかに開削して家屋を構え、集落を形成した。
 潜伏キリシタンは、移住先の迫地形さこちけいの地勢に適応しながら指導者を中心として独自に信仰を続ける方法を模索した。
 1873年の解禁後、江上えがみ集落は16世紀に伝わったキリスト教であるカトリックへと復帰し、かつての指導者の屋敷を「仮の聖堂かりのせいどう」として信仰の場とした。
 1918年、潜伏キリシタンがキビナゴ漁によって蓄えた資金を元手とし、谷間に開けたわずかな平地を利用して江上えがみ天主堂が建てられた。付近の湧水による湿気を意識して床を高く上げ、軒裏には装飾を兼ねた通風口を設けるなど、江上えがみ集落内の民家とも共通する独特の意匠や構造に特徴がある。また、この教会堂は木造下見板張りで外壁を塗装して腐食を防いでいる。身廊や側廊にそれぞれ独立した屋根を掛け、正面は切妻造とし、背面の祭壇を内蔵する張り出し部分には下屋を設けている。内部は3廊式の平面を持ち、アーケード、トリフォリウム、壁付の形態を備え、壁付アーチをともなう。天井はリブ・ヴォールト構造で天井裏の小屋くみにはキングポスト・トラス構造を用いている。このことから、江上えがみ天主堂は19世紀以降の長崎ながさき天草あまくさ地方において建てられた数々の木造教会堂の中でも最も整った意匠、構造を持つとされている。このように、江上えがみ天主堂は潜伏キリシタンが移住先として選んだ江上えがみ固有の迫地形さこちけいや、禁教期にまでさかのぼる在来の建築意匠、工法の双方に基づく風土的特徴と、信徒がカトリック教会堂として求めた西洋的特徴とが融合している点において、長崎ながさき天草あまくさ地方に建てられた教会堂の中でも「潜伏」に転機が訪れ、終わりを迎えたことを最も端的にあらわす教会堂である。

01_奈留島の江上集落
01_奈留島の江上集落
01_奈留島の江上集落
02_谷間に開けたわずかな平地に建つ江上天主堂_日暮雄一撮影
02_谷間に開けたわずかな平地に建つ江上天主堂_日暮雄一撮影
02_谷間に開けたわずかな平地に建つ江上天主堂_日暮雄一撮影
03_江上天主堂_日暮雄一撮影
03_江上天主堂_日暮雄一撮影
03_江上天主堂_日暮雄一撮影
04_江上天主堂の内観_日暮雄一撮影
04_江上天主堂の内観_日暮雄一撮影
04_江上天主堂の内観_日暮雄一撮影
05_江上天主堂裏の水路_池田勉撮影
05_江上天主堂裏の水路_池田勉撮影
05_江上天主堂裏の水路_池田勉撮影
06_床を高く上げた様子_池田勉撮影
06_床を高く上げた様子_池田勉撮影
06_床を高く上げた様子_池田勉撮影
07_軒裏の装飾を兼ねた通風口_池田勉撮影
07_軒裏の装飾を兼ねた通風口_池田勉撮影
07_軒裏の装飾を兼ねた通風口_池田勉撮影

基本情報

地図
文化財の名称所在地文化財の指定文化財の指定年
江上えがみ天主堂長崎ながさき五島ごとう市奈留町国指定重要文化財2008年、2012年(追加選定)

もっと魅力を知りたい場合はこちら

江上えがみ天主堂

周辺に海や川があり、湿度が高いことから、通気をよくするために高床式を取り入れた江上えがみ天主堂。現在の聖堂は、2001年に信徒たちがペンキなどを塗って修復したもの。2018年には建設から100年を迎える。

おらしょーこころ旅サイトでコラムを読む
> 江上えがみ天主堂(おらしょーこころ旅サイト)
※別ウィンドウで開きます。

01_100歳を迎える江上天主堂

100歳を迎える江上天主堂

建築に関わった人の愛情が見て取れる江上天主堂。100年も200年も残るように、と。
コラム全文を読む(おらしょーこころ旅サイト)

01_100歳を迎える江上天主堂
02_教会堂に残る鉄川与助のメッセージ

教会堂に残る鉄川与助のメッセージ

鉄川与助の思いが随所に見られる教会堂建築。祭壇もそのひとつである。
コラム全文を読む(おらしょーこころ旅サイト)

02_教会堂に残る鉄川与助のメッセージ
03_お色直しした教会堂は、信徒たちの手作り

お色直しした教会堂は、信徒たちの手作り

先祖たちの念願の教会堂建設。祈りの場所を信徒たちが修復して守ってきた。
>コラム全文を読む(おらしょーこころ旅サイト)

03_お色直しした教会堂は、信徒たちの手作り

訪れたい場合はこちら

交通アクセス

奈留島なるしま江上えがみ集落長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター)

※別ウィンドウで開きます。(「アクセス参考図」をご覧ください)

モデルコース

長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタン関連遺産(ながさき旅ネット)

※別ウィンドウで開きます。