来訪時のルール・アクセス
色合い白 黒 青
文字サイズ標準

構成資産から知る

<ruby>頭ヶ島<rt>かしらがしま</rt></ruby>の集落頭ヶ島かしらがしまの集落

(Ⅲ) 信仰の継続にかかわる伝統の維持、拡大の段階


ゆうこさん 病人の療養地として使われていた島に仏教徒の開拓指導者のもとで移住し、信仰を続けた集落です。

頭ヶ島かしらがしまの集落」は、19世紀半ばに潜伏キリシタンが病人の療養地として使われていた島へ移住することにより、ひそかに自らのかたちで信仰を続けた集落である。外海そとめ地域から中通島なかどおりじま鯛ノ浦たいのうら地区へと渡った潜伏キリシタンは、仏教徒の開拓指導者のもとに無人島であった頭ヶ島かしらがしまへと入植し、閉ざされた環境下でひそかに潜伏キリシタンとしての信仰を続けた。「信徒発見しんとはっけん」後は、海に向かって開けた谷間の奥に建てられた潜伏キリシタンの指導者の屋敷を「仮の聖堂かりのせいどう」とし、解禁後はその近くに教会堂を建て、その伝統は終わりを迎えた。

 頭ヶ島かしらがしまは、五島ごとう列島北部(「上五島ごとう」と呼ばれる)にある周囲約8kmの小さな島である。外海そとめ地域の潜伏キリシタンがあえて移住先として選んだ病人の療養地であったことを示す墓地遺跡、移住に当たって開拓を指導した仏教徒の墓、潜伏キリシタンの指導者屋敷跡であり「信徒発見しんとはっけん」後には祈りの場となった「仮の聖堂かりのせいどう」跡や解禁後に建てられた教会堂跡がある。
 隣接する上五島ごとうの主要な島である中通島なかどおりじまとは、激しい潮流が行き交う幅約150mの海峡によって隔てられている。山がちな地形をなす頭ヶ島かしらがしまの周囲は急しゅんな岩壁が連続し、北辺部にわずかな砂浜海岸が開けるのみである。そのため、頭ヶ島かしらがしまは近世においても漁業などで一時的に利用される程度の孤立した無人島だった。19世紀中頃の文献史料には病人の療養地であったとの記録がみられ、頭ヶ島かしらがしま北辺部の白浜しらはま集落の海岸における発掘調査では療養していた人々のものと考えられる墓地が発見された。
 1858年、頭ヶ島かしらがしまの開拓を目的に中通島なかどおりじまの有川集落から仏教徒の前田まえだ儀太夫が移住し、島の北辺海岸の福浦ふくうら集落に住居を構えた。福浦ふくうら集落は頭ヶ島かしらがしまの中では比較的風が弱く、水量は少ないながらも川が流れ、築港にも適するなど、島内では最も生活条件の良い場所であった。儀太夫は海岸近くに屋敷を構え、その背後に守り神として神社をまつり、後年には隣接して一族の墓地もつくった。
 1859年には開拓のために儀太夫が募った数家族が中通島なかどおりじま鯛ノ浦たいのうら集落から頭ヶ島かしらがしまへと移住した。これらの移住者は、大村おおむら藩と五島ごとう藩との協定により外海そとめ地域から中通島なかどおりじまへと移住した潜伏キリシタンだった。彼らは、表向きは仏教徒を装いながら先住の仏教徒との軋轢を避けてきたが、さらに安住の地である無人島の頭ヶ島かしらがしまを再移住先に選び、儀太夫と行動をともにしたものと考えられる。
 頭ヶ島かしらがしま北部の白浜しらはま海岸へと移住した潜伏キリシタンは、海岸の背後から山域にかけての斜面に石積み技術を駆使して耕作地を開拓し、イモ作を主体とする農業を営んだ。さらに、時間の経過とともに南海岸の田尻たじり地区や西海岸の浜泊はまどまり地区など島内の他地域にも移住し、集落や農地を展開していった。彼らは、表向きは中通島なかどおりじまに所在する仏教寺院に属して仏教徒を装う一方、潜伏キリシタンの指導者を中心としてひそかに自らの信仰を続けた。
 1865年に大浦天主堂おおうらてんしゅどうで宣教師と潜伏キリシタンが出会った「信徒発見しんとはっけん」をきっかけに、各地の潜伏キリシタンの指導者がひそかに大浦天主堂おおうらてんしゅどうの宣教師と接触を開始した。上五島ごとうの潜伏キリシタンの指導者たちもひそかに接触し、長く隠し続けてきた自らの信仰を告白するとともに、宣教師の上五島ごとうへの派遣を要請した。そして宣教師の到来により、頭ヶ島かしらがしまの潜伏キリシタンもカトリックへと復帰した。
 1867年には外海そとめ地域で「水方みずかた」を務めた人物を実父とし、上五島ごとう地域の潜伏キリシタンの頭目とうもくであったドミンゴ松次郎まつじろう頭ヶ島かしらがしまへと移住した。彼は島内の白浜しらはまに居を構えて「仮の聖堂かりのせいどう」とした後、大浦天主堂おおうらてんしゅどうから宣教師を迎えた。そして、信徒は1887年、「仮の聖堂かりのせいどう」の近くに木造教会堂を建て、1914年まで使用した。それは、「頭ヶ島かしらがしまの集落」における潜伏キリシタンの信仰継続にかかわる伝統が終わりを迎えたことを象徴している。1919年には松次郎まつじろうの「仮の聖堂かりのせいどう」が存在した場所に10年の歳月をかけて現在の頭ヶ島かしらがしま天主堂が建てられた。天主堂の建設には信徒自らも加わり、建築資材には近くで産出する砂岩が用いられた。また、白浜しらはま集落の海岸近くにはカトリックに復帰した人々の墓地が形成された。

01_頭ヶ島の集落
01_頭ヶ島の集落
01_頭ヶ島の集落
02_白浜集落の発掘写真(1995)
02_白浜集落の発掘写真(1995)
02_白浜集落の発掘写真(1995)
03_白浜集落の発掘写真(人骨)
03_白浜集落の発掘写真(人骨)
03_白浜集落の発掘写真(人骨)
04_福浦集落
04_福浦集落
04_福浦集落
05_前田家の墓_池田勉撮影
05_前田家の墓_池田勉撮影
05_前田家の墓_池田勉撮影
06_前田長平の名が刻まれた墓碑_池田勉撮影
06_前田長平の名が刻まれた墓碑_池田勉撮影
06_前田長平の名が刻まれた墓碑_池田勉撮影
07_頭ヶ島由来記が刻まれた墓碑_池田勉撮影
07_頭ヶ島由来記が刻まれた墓碑_池田勉撮影
07_頭ヶ島由来記が刻まれた墓碑_池田勉撮影
08_白浜集落_池田勉撮影
08_白浜集落_池田勉撮影
08_白浜集落_池田勉撮影
09_田尻集落の石積みを伴う耕作地_池田勉撮影
09_田尻集落の石積みを伴う耕作地_池田勉撮影
09_田尻集落の石積みを伴う耕作地_池田勉撮影
10_「仮の聖堂」跡を示す石碑_池田勉撮影
10_「仮の聖堂」跡を示す石碑_池田勉撮影
10_「仮の聖堂」跡を示す石碑_池田勉撮影
11_初代頭ヶ島教会堂跡(現在の頭ヶ島天主堂)
11_初代頭ヶ島教会堂跡(現在の頭ヶ島天主堂)
11_初代頭ヶ島教会堂跡(現在の頭ヶ島天主堂)
12_カトリックに復帰した人々の墓地_池田勉撮影
12_カトリックに復帰した人々の墓地_池田勉撮影
12_カトリックに復帰した人々の墓地_池田勉撮影

基本情報

地図
文化財の名称所在地文化財の指定文化財の指定年
新上五島ごとう町崎浦の五島ごとう石集落景観長崎ながさき県南松浦郡新上五島ごとう国選定重要文化的景観2012年
頭ヶ島かしらがしま天主堂長崎ながさき県南松浦郡新上五島ごとう国指定重要文化財2001年、2003年(追加選定)

もっと魅力を知りたい場合はこちら

頭ヶ島天主堂

石材に適した砂岩が広く分布する頭ヶ島かしらがしま白浜しらはま集落。信徒たちは、1日に2、3個の石を運び積み上げ、約10年という年月をかけて天主堂を完成した。石壁をよく見ると「四九五」や「三九五」などと書かれている。この数字は何を意味しているのか?

おらしょーこころ旅サイトでコラムを読む
> 頭ヶ島天主堂(おらしょーこころ旅サイト)
※別ウィンドウで開きます。

01_頭ヶ島天主堂が石造りである理由

頭ヶ島天主堂が石造りである理由

長い年月をかけて地元の石を切り出し、石工とともに信徒自身で積み上げた。
コラム全文を読む(おらしょーこころ旅サイト)

01_頭ヶ島天主堂が石造りである理由
02_パステルカラーの堂内に施された優しい花々の装飾

パステルカラーの堂内に施された優しい花々の装飾

外観と堂内のギャップに驚かされる頭ヶ島天主堂。そこはたくさんの花に囲まれた祈りの場所。
コラム全文を読む(おらしょーこころ旅サイト)

02_パステルカラーの堂内に施された優しい花々の装飾
03_信徒が自ら育てる美しい生花

信徒が自ら育てる美しい生花

愛情を込めて育てる花々を神様に見てもらう幸せ。頭ヶ島天主堂を大切に思う心がここにある。
コラム全文を読む(おらしょーこころ旅サイト)

03_信徒が自ら育てる美しい生花

訪れたい場合はこちら

交通アクセス

頭ヶ島かしらがしまの集落長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター)

※別ウィンドウで開きます。(「アクセス参考図」をご覧ください)

モデルコース

【世界遺産候補】長崎ながさき天草あまくさ地方の潜伏キリシタン関連遺産(ながさき旅ネット)

※別ウィンドウで開きます。